大好きな納豆パスタ。

お題「簡単レシピ」


学生のとき、お金がなかったので
よく、作っていたのが

『納豆パスタ』


作るのも簡単!

パスタを茹でる

茹で終わったらパスタに納豆1パックかける

味付けは、麺つゆ、マヨネーズ!

麺つゆとマヨネーズの量はお好みで!

めちゃくちゃ簡単でおいしいです。

癖になる味です。簡単で美味しくて

安く作れる納豆パスタ!おすすめです!

富山ブラック食べてみました!

f:id:nakahama1101:20200705103858j:plain

富山県に行った時、富山県のラーメン

富山ブラックを食べてみました。

感想はブラックだけあってスープが

すごく濃かったです。(笑)
醤油!という感じでした(笑)

でもそれが癖になる人も多いのでしょう!
人がいっぱいでした。ご当地ラーメン
食べられて良かったです!

コーヒーは豆から。

お題「ささやかな幸せ」

ささやかな幸せ。

それは、コーヒーを飲んでいるとき。
昔はコーヒーが苦くて苦くて、

よく飲めるなー!!
ましてやブラックなんて!

でも、社会人になって、夜仕事が終わって
ちょっとずつブラックで飲む練習をして
いるとブラックで飲めるようになりました!

最初はインスタントコーヒーで始まり

バリスタにハマりました。

そして、タリーズのコーヒーにハマり
ドリップコーヒーへと進みました。

そして、ドリップコーヒーのおいしさに
気付き、挽いたコーヒーを買うようになり
ました。

最終的に豆で買って、家で豆を挽く機械を
買いました。
今はお気に入りのコーヒー豆を売っている
カフェで豆を買い、自分で挽いて飲んで
います。

豆の香り、そして、豆を挽く時のあの音!
コーヒーフィルターに入れて最初にお湯を
入れたときのコーヒーの粉のあの音!
全てが私の癒やしです。
ソファーに座って携帯をいじりながら飲む
コーヒーは最高です。やはり豆を挽いて
飲んだ方が一番美味しいです。

子供の成長を感じられた5日間。

先月家族が一人増えました。

コロナの影響で病院には父親の私でさえ
入ることができず、もちろん出産立ち会い
もできませんでした。出産後の入院も
病院に入ることができませんでした。

そんな孤独な状態な中、無事に出産して
くれた妻には大変感謝していますし
本当によく頑張ったなと声をかけました。
強いなー、すごいなーと!!

入院してからの5日間、私と上の子は
私の実家に帰っていました。上の子は
まだ2歳にもなっておらず、ママ、ママの
甘えん坊です。無理もありません。
そんな上の子が、5日間もママに会えないと
なると、どうなるのか?私、妻、両方とも
心配していました。夜ちゃんと寝るかな?
夜中起きて泣かないかな?
などなど心配していました。

朝から晩まで私は仕事で母親に見てもらう
わけですが、母親も心配していました。

しかし私達の心配は必要ありませんでした。

ママ!とは1回も言わず、夜もちゃんと
寝て、夜中も1回も起きずに朝まで
ぐっすり。日中も母親のゆうことを良く
聞いて、本当にいい子だったと!
それを聞いて、子どもの笑顔を見たら
恥ずかしながら泣いてしまいました。

2歳にもならない子が、ママに甘えたいの
に我慢していい子に待っている!確かに
たまに遠くを見て、どこか寂しい顔を何度か
していましたが、1回も泣かずに頑張ってい
る姿を見ると泣いてしまいました。
涙腺が緩んできたなと。そして、子供の
成長を見ることができて、感動。5日間
ですが、本当に成長したなと!子育てを
していて、やはり子供の成長は感動です。

退院後、上の子と妻は久しぶりの再会に
感動していました。そして妻は泣いていま
した。妻にもこの5日間の成長を報告し
いっぱい褒めていました。



働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

結婚してからの転職活動。人生の一大決心!

私は子供がまだ一歳に満たない時に
転職をしました。

結婚して、子供も産まれ家庭を支えて
いかなければならない立場なのに
当時転職を決意しました。

出張が多く、1週間まるまる家を空けること
もあり、ずっと家にいれないことが悩みでも
ありました。

転職を決意した時、妻はびっくりしていま
したが、仕事を続けながらの転職活動を
するということで、それならあなたに
任せるということで、転職活動を始め
ました。初めての転職活動ではなかったので
進め方、やらなければならないことは
ある程度わかっていました。

しかし、30歳を越えているということも
あり、すぐには決まらず、書類選考でさえ
通過しない状況でした。
仕事を続けながらの転職活動だったので
焦りはありませんでした。これが仕事を
辞めて転職活動していたら、早く決めな
ければいけないと焦っていたでしょう。

でも、やはり書類選考でさえ通過しない
状況にはショックを隠しきれずへこみ
ます。やっぱり厳しいなー。

そんなとき、妻は焦らんでもええよ。
いつか決まるよ。と言ってくれたこと
そして、毎日一緒に側に誰かがいてくれる
というのは落ち込んでいる気持ちを支えて
くれます。元々考え事をし始めたら、なかなか
立ち直れない正確なので、誰かがいてくれて
喋って、そして何かをしなければならない
状態はずっと落ち込んではいられない、
考え事ばかりしてはいられない状況が自然と
なくなります。実際妻と他愛のないことを
話、子供と遊び、家事をしていたら考え事なん
かしていられません。そのお陰もあり
少しですが気持ちにゆとりをもった状態で
臨むことができました。面接の日は玄関で
『頑張ってね』。と声をかけてくれました。

家族ができてからの転職。
とても勇気がいりました。でも家族が
いたから転職活動が成功しました。
一人での転職活動だったらやはり心が
折れていたでしょう。まぁ、元々は自分が
仕事を辞める!と言い出したので、自分が
選んだ道なので、自己責任で、辛く険しい
道になるのは充分承知でした。でもやはり
転職活動というのは非常にパワーが必要
で、そんなときに家族の優しさ、支えが
あったのでとても救われました。

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ

恐竜の玉子アイス

今週のお題「私の好きなアイス」


昔よく食べてたなーと、ふと思い出しました。

最近は食べてませんが、好きでした。

小さい頃、よく兄と一緒に食べて
最後らへんは勢いよくアイスが出てくるのが
好きで、それが面白くて笑っていました。
アイス、最後は勢いよくアイスが出てくる、
形がおもしろい、子供が好きな要素がつまっ
たアイスだと思います。しかもみんなが
好きであろうバニラ。

なんか、他にも違う名前で
おっぱいアイス
バクダンアイス
コロンブスのたまご

があるみたいですね。

アイスの記事を書いていたら懐かしい
思い出ばかりが思い出されます。

『バクダン』という名前がつくアイス。

今週のお題「私の好きなアイス」


昔から祭りなどで食べていたアイスが
あります。

それが、『バクダンキャンディー』という
アイスです。

昔から普通に食べていたアイスなので
当たり前と思っていました。

しかし、大阪に来てそれが当たり前では
ないということが去年わかりました。

そう、バクダンキャンディーは岡山県
ご当地アイスだったのです。

バクダンキャンディーとは、ゴム製の容器に
入っていて先端をハサミなどで切って
吸って食べるアイスで、まぁ甘いです。
夏祭りには必ず出店で出ていて小さい頃は
良く食べていました。

嫁と夏祭り一緒に行った際に、


バクダンキャンディーって何?


と聞かれ、


えっ?知らんの?マジでようる?


これがきっかけで、バクダンキャンディーが
全国区ではないということがわかりました。

ブラックモンブランもそうで、やっぱり
昔から食べてた物は当たり前になっていて
大人になって知るのですね。

バクダンキャンディーの季節がやって
来ました。